学生ローンNET

学生ローンNet・TOP
学生ローンのサービス・商品
指定信用情報機関開始
学生ローンの金利と過払い
連鎖ビジネスとの関連
学生ローンWorld
学生ローンNet・モバイル

学生ローンの商品とサービスには様々なものがあります。
利用目的別に金利優遇のサービスを適用する商品(目的ローン)や、友達を紹介した場合などに受けられる会員ランクのアップなど多種多様です。

学生ローンのサービスという店では、学生ローン各社では知恵を絞り多彩なサービスを用意しています。

地域限定で金利を安くするキャンペーン商品・くじ引き等で当たる豪華景品など目白押しです。

学生ローンの商品

★★金利が安くなる!!目的ローン★★

学生ローンとはその名の通り学生専門の消費者金融会社です。
こちらでは「目的ローン」について取り上げますが、学生ローン情報局にも詳しい説明がありますので参考にして下さい。
学生ローンでは使用目的ごとに金利を設定する「目的ローン」という商品があります。
これは、多少高額になってしまう借入金の利息を少しでも安く利用できるようにという考えのもと、提供されているサービスです。
融資金の使途をフリーとした学生ローンの一般的な貸付金利は実質年率18%が主です。
学生ローンの金利ご参照下さい。
使途フリーの長所は、お金の使い道をいちいち証明しなくて良い点にありますが、金利は高くはありませんが特別安いとも言えません。
これに対し目的ローンでは、その使い道・利用金額等によって、通常の金利よりも安く融資を受けることができるのです。
ただし欠点もあります。
@使用目的を証明しなければならない。
A追加融資など契約の更改をすると金利優遇サービスが除外される。
まず@についてですが、目的ローンの適用を受けるには客観的に使用目的がはっきりとする証明を学生ローンに提出しなければなりません。
例えば学費であれば学校からきている請求書、旅行であれば旅行代理店で交わした契約書や申込書の写し、引越しであれば不動産会社で交わした契約書・覚え書き・見積もり等を学生ローン申し込み時に提出します。
審査が無事通過すれば、それぞれの目的にあった優遇金利で借り入れることができます。
目的ローンには上で挙げた短所がありますが、比較的大口の融資が受けられるという長所もあります。
これは、利用目的によっては大きな金額が必要となる場合があるので、融資枠についても通常のフリーローンよりは大きく借りられることが多いわけです。
例えば車のローンでは数十万円〜100万円といった金額になりますが、通常の学生ローンの利用限度枠は20〜30万円程度です。
しかし目的ローンという性質上、利用者からすれば1社で利用できなければ意味がありません。
かといって数十万もの融資金に通常の貸付利率では返済が困難になります。
そこで低金利である程度まとまった融資をするシステムが誕生したわけです。
学生ローンのサービス
学生ローンでは利用者の利便性向上に鑑み、様々なサービスを展開しています。
いちいち店頭に来店しなくても融資が受けられる「振込みローン」や、友人を紹介すると謝礼として貰える「紹介料」などがあります。
また、キャンペーンなどで景品が貰えるサービスもあります。
(学生ローンが収入源というホームページでは面白い情報があります。)
こういった形として見えるサービスも利用者からすればありがたいものかも知れませんが、学生ローンのサービスの特徴は、なんと言ってもスピーディーな審査・収入証明がなくても借りられる融通のきいた営業体制にあります。
銀行等で融資を受ける場合はこうはいきません。
そういった簡便性が学生さんたちに受け、発展を遂げたのだと思います。