学生ローンNET

学生ローンNet・TOP
学生ローンのサービス・商品
指定信用情報機関開始
学生ローンの金利と過払い
連鎖ビジネスとの関連
学生ローンWorld
学生ローンNet・モバイル

学生ローンは学生さんにとって便利な存在である一方、連鎖ビジネス商法との関連がよく言われます。
連鎖ビジネス商法とは簡単に言えばネズミ講のようなもので、最近ではMLM・ネットワークビジネスなどと呼ばれるようになりました。
厳密にはネズミ講とネットワークビジネスやマルチ商法では定義が違いますが、内容は同じようなものです。学生さんの間では、連鎖式ビジネスに手を出してしまい、その資金を学生ローンで調達するケースが多く問題となっています。これが学生ローンと連鎖ビジネスの関係が囁かれる所以ですが、果たして実態はどうなのでしょうか・・・

学生ローンと連鎖ビジネスとの関連
連鎖ビジネスとは、ネットワークビジネスやマルチ商法のことを指します。
一見、ネズミ講と似ていますが、法的には全く別ものとして扱われています。
キャッシングその前にによれば、ネズミ講は完全に犯罪であり、ネットワークビジネスは「違法ではない」という説明があります。
しかし違法でないにしても、ネットワークビジネスを運営する上では厳しい規制があり、ほとんどのネットワークビジネスは「説明義務」をきちんと果たしていないことが多く、結果として「騙された」という被害者が急増するのが実際のところなのです。
説明義務の中には「確実に儲かるわけではない」ということや、リスクについての説明をきちんとしなければなりません。事実、ほとんどの人は儲からないのですから。
特に学生の間ではやる連鎖ビジネスには酷いものがたくさんあります。
説明義務を果たすどころか、「必ず儲かる」「10日ほどで元は取れる」などと射幸心を煽り、現金がすぐに用意できない学生には学生ローンで借りさせるケースが多いことから、一時社会問題となりました。

学生ローンは連鎖ビジネスに便乗して利益を上げている?

これは考え方が2つあると思います。
営業的には連鎖ビジネスがはやることにより、学生ローンは顧客を増やすでしょう。
その観点からすれば、裏で繋がっているとは言わないまでも、連鎖ビジネスと知りつつ便乗して貸付をしている可能性は否定できません。
一方では学生ローンのホームページなどを見ていると、悪質業者に注意を呼びかけるページを掲載しているところもあります。
便乗するならわざわざ書かない方が良いのでは?と思うわけですが、いろいろと調べてみると実はこのような連鎖ビジネスなどに関与した顧客は、トラブルになるケースが多いのだそうです。
風評的な被害もあると言います。風評被害とは、まさに「裏で繋がっている」との憶測から学生ローン=悪質という思い込みが一部の世間の間ではあるということです。
(学生ローンの雑学学生ローンNavi.comに詳しい説明があります。)

結論
学生ローンと連鎖ビジネスは裏で繋がっていることはない。
むしろ警戒しているフシも見られる。
ただし、場合によっては「便乗」も100%否定することはできない。